会長挨拶

大塚博巳会長

平素は、藤枝市サッカー協会の諸事業に対しまして、格別なるご高配を賜り厚くお礼申し上げます。

藤枝市は「蹴球都市ふじえだ」を掲げ、行政と経済界、サッカー協会が連携し、サッカーのまちづくりを推進しております。
選手の育成や、チームの強化につきましては、メキシコオリンピック銅メダルの山口芳忠氏や富沢清司氏、日本が初出場したフランスワールドカップの名波浩氏や中山雅史選手、ジーコジャパンに選ばれJリーグ501試合出場の山田暢久、3度のワールドカップに出場し、日本代表のキャプテンを務めた長谷部誠選手、FIFA女子ワールドカップカナダ2015準優勝の北原佳奈選手など、多くの日本代表選手を輩出してきました。
また、小学校・中学校男女・高等学校男女・自治体・シニアなどのカテゴリーで、藤枝市のチームが全国優勝を果たしております。

サッカー推進の取組としましては、藤枝総合運動公園や、市民グラウンドをはじめ、いつでもサッカーが楽しめる環境が整備され、いろいろな所で大会が開催できることから、日本協会主催の各種大会の誘致に努めるとともに高校フェスティバル、ジュニアユース市長杯、JC杯、シニア草サッカー大会、さらには、幅広い年代が参加するPK大会など、毎年全国から多くの皆様が参加する大会を開催しております。
このような歴史と伝統を築き上げ、様々な取り組みがなされてきたことは、多くの先輩や関係者の皆様のご尽力によるものでありますことから、私達は、感謝の気持ちを忘れず、藤枝市サッカーのさらなる躍進を目指していかなければなりません。

藤枝市サッカー協会といたしましては、協会各委員会が一体となって、選手の育成や指導者の養成、J3の藤枝MYFCをはじめとしたチーム力の強化に取り組むとともに、誰もがいつでもサッカーを楽しめる環境づくりを推進し、「蹴球都市ふじえだ」がより一層輝くことができるよう努めてまいりますので、皆様のご支援とご協力をお願いいたします。

藤枝市サッカー協会
会長  大塚 博巳